FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
痛風治療薬 「フェブリク錠」について
当院では月に1回のペースで、薬の勉強会を行ってます。今回は、スタッフがどんな薬かをまとめました。

高尿酸血症、痛風治療薬の「フェブリク錠」について

看護師Aさんより
 痛風は血液中の尿酸濃度が一定基準を超えることによって、激しい関節の痛みや腫脹を生ずる病気で、尿酸値コントロールができないと腎障害に移行する可能性があります。かつての日本の食生活は野菜、米、魚中心でしたが、食文化の多様化(肉食化)、アルコールの過剰摂取、過大なストレスなどにより、痛風が増加してます。
 その治療に、尿酸を腎臓からの排泄を促す「尿酸排泄剤」や尿酸の生成を抑える「尿酸生成阻害剤」があります。フェブリク錠は尿酸生成阻害剤です。
 効果は、血中尿酸値を治療目的値まで(6.0㎎/dl)低下させ、長期に維持することが可能です。
 特徴は、通常腎機能障害のある方には、肝機能障害、再生不良性貧血など副作用があるため、投薬量を調節する必要がありましたが、軽度~中等度の腎機能低下の場合であれば、一定の容量での服用が可能になったことです。

事務Aさんより 
 痛風は男性に多い疾患です。
 従来の薬に比べ、1日1回の内服で、新しい阻害機序を有し、キサンチンオキシターゼ(キサンチン酸化酵)を阻害します。このキサンチンオキシターゼ阻害剤は著名な尿酸生成量減少と血中尿酸濃度低下をもたらし、痛風を治療します。長期の維持が可能です。
 1日1回投与は、服用回数が少なく、飲み忘れることも減り、それに加え、効果が表れるという期待が持てると思いました。

 ・・・という感想です。皆様のご参考になれば幸いです。 

スポンサーサイト
【2011/05/09 08:12】 | くすり |
| ホーム |
保健師[amu]のおしゃべりサンカク


村田内科クリニック[茨城県取手市]のホームページ内のブログです。保健師[amu]のちょっと語りたいこと、クリニックの様子などをご案内します。

プロフィール

amuあむ

Author:amuあむ
[amu]保健師&看護師です。
病院やクリニックのHPは医師の病気説明などがあり、ちょっぴりオカタイ。・・・ということで、くだけた保健師がブログ感覚でソフトなクリニックをお見せしまーす。
クリニックHPは→ http://clinicmurata.com/

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。