FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
取手松陽高校 エピペン講習を行いました
アレルギーで引き起こされるアナフィラキシーおよび、補助治療剤エピペンについての講習依頼をうけ、校医として
取手松陽高校を訪問しました。
アナフィラキシーショックの際に用いるエピペンという自己注射薬の理解を深める目的で、先生方にご説明を
院長と共同作業で行いました。
エピペン注射の「デモ器」を用いて接種の練習をしました。デモなので針・薬はでません。それでも抵抗感があるかなと思いましたが、
先生方、躊躇なくすごく上手に接種されてて感心してしまいました。 お見事でした。 

質疑応答に積極的に質問を頂き、素晴らしいご質問をいただきました。アナフィラキシーを起こす原因5%とある「運動」についてなぜ起こるの?という質問です。
確かに運動でアレルギー症状というのはあまり聞きませんが、起こる理由として、
「運動によりヒスタミンが放出されることや、2時間以内にとった食事が反応して症状が出ることがあるそうです。それとその時の体調。」という回答。
地域の健康を考える機会にもなり、私たちにとっても実のある1日になりました。どうもありがとうございました。
スポンサーサイト
【2015/10/07 15:29】 | 地域いろいろ |
取手で釣れる魚 ソウギョ ハクレン
暖かくなった今、ちょうどソウギョ・ハクレンのお魚が釣れる時期だそうです。
取手の土手(緑地)では土日のレンタサイクルがあり、広々したグラウンドには子どもたちだけでなく幅広い年齢の方の熱気であふれてます。
そこをお散歩していると、グランド脇の水道で魚をさばいているおじさんに会いました。
鮭より2まわりくらい大きいお魚にびっくりしていると、なんとこの川辺で釣ったのだと。体長1M!
川魚は泥臭さがあると言われますが、このお魚は食べやすいようで、食用だとのこと。ますます驚きました。
食べ応え十分のお魚、、、 釣り上げるのに体力が必要そうです。 おじさん、この日2匹も釣ってました。

興味が出てきたので調べてみると、
「利根川で繁殖しているソウギョ・ハクレン・コクレン・アオウオは、もともと中国から来た魚で、養殖魚としても飼われている魚です。日本でも養殖されていますが、川でこの魚が自然繁殖しているのは日本で唯一、利根川だけです。この4種類の魚は、ソウギョは水生動物、ハクレンは植物プランクトン、コクレンは動物プランクトン、アオウオは貝類・甲殻類というように、それぞれ食べる餌の種類が違うので、同じ飼育地で同時に飼育しても効率よく成長するという特徴をもっています。また、ソウギョ等の産卵シーンは、「のっこみ」と呼ばれており、利根川橋付近は全国唯一の産卵場となっています。」

取手の楽しみ方、ひとつ増えました
【2015/05/24 11:18】 | 地域いろいろ |
取手のばら園
昨日、近所の方に教えていただいて、
ご自宅の庭に見事なバラを咲かせているお宅のお庭に立ち寄らせてもらいました。
市役所から踏切を越えて、左手にチャイナハウスという中華のお店を過ぎたらすぐ先、左に入ります。その道沿いに「バラくら」という目印がいくつもあるので、その案内通りに進むと駐車場があります。狭い道なので、どこに向かうんだろう、、、という少しの不安が、その直後に見つける、おしゃれな洋風のお宅とガレージに「あった!」と心が弾みます

知らないと勝手に入っていいのかな~なんて思いますが、チャリティをチャリンとして(気持ちだけでいいようです。震災の復興支援だそうです)入ってみると家主の美しく素敵な女性の方がバラの名前や、香りの違いを教えてくださって和みます。癒されます。
手前のガーデンと、奥に大きいガーデンがあって、おひとりで頑張って手入れをされているようです。この大きなお庭を眺めながら、小学生の女の子が「いいな~」と想像を膨らませて、「○○ちゃんちならお金持ちだからいいな~(作れるね)」 素敵な家がある=お金持ちという構図が子どもには浮かぶようで、わが子も、その子も「うちはお金がないから」と言います。 ふ~ごめんね。子どものうちから現実を知らせて。という思いになります。バリューには様々なものがあります。内なる悩みだってあります。 ・・・脱線しましたが、こんな感じに子どもと一緒に行くと、甘い「華麗なる夢の世界」が待っています

家主の方がお庭をもっと広めたいな~と話されていたので、写真はありませんが、良かったら、みなさんも解き放たれた空間に足を運んでみてください。
14:00~18:00ころまで、バラは短命なので、梅雨前が見ごろのようです。来週あたりはもっと一面のばらに囲まれるそうです。期間も2週間くらい?のようです。

【2014/05/13 12:34】 | 地域いろいろ |
つつみ幼稚園のじゃがいも
つつみ幼稚園のみなさんが作ってくれた「じゃがいも」を先月頂きました!!
ごろんとした大きくて立派なじゃがいもから、小粒の可愛らしいサイズのものまでありました
新鮮なお野菜は体にいいのでとても嬉しいものです。でも、何と言っても、園児の皆さんが力を合わせて畑を耕し、雑草を抜いて、一生懸命に育てたその賜物に感謝するばかりです
理事長も院長も「見事なじゃがいも!!」と感嘆してましたよ
我が家では定番ながら、ポテトサラダ・コロッケを作りました。ほくほくして美味しかったです
園児の皆さん、先生方どうもありがとうございました
また今年度から、院長がつつみ幼稚園の園医を担当させていただいてます。どうぞよろしくおねがい致します!!

追伸:残念ながらせっかく撮ったじゃがいもの写真が、、、掲載を怠っている間に、カメラ内で消去されてました、、。わが子のデータを保存していない写真まで全消去、、、。こまめに保存しないとせっかくの思い出が台無しですね、、、 ごめんなさい。
【2010/08/31 19:43】 | 地域いろいろ |
ブログの更新を怠ると、、、 & 米屋・羊かん工場見学
さて、このブログはFreeのため、1ヶ月に一度、新規でブログを作成しないと、広告ページがでてしまいます。
今回も、先月も広告ページに先を越されてしまいました

今日は友人に「何でメモを取っている人がいない中で、熱心に筆記しているの???」と聞かれました。「そう、それはブログに載せるため」最近は、記憶を取り戻すのに時間がかかるので、それよりは面倒でも書いておくこと!!と言い聞かせて。

本日、小学校の家庭教育学級の集いで、取手市のバスに乗り、成田市にある「なごみの米屋」第2工場の見学に行ってきました。
「米屋」は老舗和菓子メーカーで、成田山新勝寺への参拝土産としても有名とのこと。おはずかしながら、とらやは知ってましたが、米屋は知らず。初めての訪問でした でも、パッケージを見るやいなや、身近で売っている羊羹が「米屋」だとわかりました。
最近、工場見学後に羊かんやどらやきなどの商品を購入できるようになったそうで、ほとんどの方がお土産に買っていました。景気は上向くぞ!!と思うような光景でした 
私は、茶道で食べ続けた「あずき」の影響か?もともとの好みか? 本社工場は職人作りの和菓子、第2工場は羊かん、どらやきなどの大量生産を行う工場とのこと。 それほど「あずき」好きではないので、本社工場の和菓子は、こしあんが多いかな~と自分の好みを思い浮かべてました。
見学できるのは第2工場のみ。徹底した衛生管理を行っているそうで、見学できる場所はホンの一部でした。往復10分で歩き終わってしまう程度の短い距離でしたが、、、残念なことに機械のほとんどが、清掃時間に入っていて、見れたのは完成したどらやきとピーナツ型の最中が、ベルトコンベアから箱に移る瞬間だけ。かなり遠目だったので、商品の感動はなかったです。
見学前後に、社員の方のお話を伺いました。衛生管理の話が7・8割をしめていたと思うほど、脳裏に焼き付いてます。
他には、「砂糖」についての話がありました。
~砂糖は平安時代は薬だったらしく、疲労回復に使われている。肉の煮込みではやわらかくなる。野菜では色が鮮やかになる、日持ちするとのお話。ジュースで当分ゼロとうたっているものは、科学的な薬品関係を使っているので、それがおなかに残り、糖尿病になることもあるというちょっと怖いけど、貴重なお話~ 
それから、出来上がった「あん」の色は「うすむらさき」があずきの質が高いとのことでした。
粒あんは色を変えやすいそうで、安い商品には粒あんを使っているものが多いとのこと、まわりから「へえ~」という声が漏れてました。

工場見学について
 平日9:00~16:00 引率責任者のついた団体10名~80名まで 子ども可 要予約
 お土産には、コンビニで売っているミニ羊かん4ケ入りのパックを頂きました。湯のみ茶碗でお茶も頂きました。
それから、春・夏商品に生産の切り替え中とのことで、旬の「桃ゼリー」も1ケ試食させていただいて、上品な甘さが美味しく、小さい子にも配ってくださいましたが、わが子は私の分と2つペロッと食べちゃいました~
【2010/01/19 18:26】 | 地域いろいろ |
| ホーム | 次のページ
保健師[amu]のおしゃべりサンカク


村田内科クリニック[茨城県取手市]のホームページ内のブログです。保健師[amu]のちょっと語りたいこと、クリニックの様子などをご案内します。

プロフィール

amuあむ

Author:amuあむ
[amu]保健師&看護師です。
病院やクリニックのHPは医師の病気説明などがあり、ちょっぴりオカタイ。・・・ということで、くだけた保健師がブログ感覚でソフトなクリニックをお見せしまーす。
クリニックHPは→ http://clinicmurata.com/

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。